写真ネット販売のフジプリントシステム

学校写真やイベント写真、行事写真のネット展示販売システム

写真品質と画質

写真品質と画質へのこだわり(銀塩写真プリント)

当サイトを運営管理致しております、弊社(株式会社サンカラーサービス)はまもなく創業45年を迎えようとしております。
写真が白黒の時代から、写真の品質を追い求め、「写真は品質が命」をモットーに歩んで参りました。
フィルムプリントからデジカメプリントへの移り変わりを経験して、アナログ(フィルム)写真から、デジカメ(デジタル)プリント時代へ移り変わりつつある現在も、この文化を守り続ける使命があります。
そこには、最新技術と最高のプリント素材の提供も不可欠であります。
写真がデジタル化し、便利になった反面、本当に綺麗で長期に渡り色あせが少ない、銀塩写真の良さを見る機会が少なくなり、お子様の幼少時代のお写真がデータでしか保存されていない世の中と変化して参りました。
場合によっては、幼少時代の写真が学校写真や行事写真だけしか残っていないお子様が大半と聞いております。
そんな時代だからこそ、学校写真や行事写真だけは、美しい銀塩写真で残して頂きたいと私たちは考えるのです。

弊社はフジカラーデジカメプリント「富士フィルム」の正規取扱店です。

弊社のポリシー

写真は色がいのち(写真の品質、特に色でしかお客様はついてきてもらえない。)

弊社の選んだ機械

世界最高高画質プリンター【FUJI フロンティア375】で最高技術の自動補正機能搭載

弊社の選んだ薬品

FUJI純正薬品(プリンターの現像速度に調和した、コントラストの実現)

弊社の選んだ補正技術者

弊社100名以上のスタッフより補正能力のすぐれた、補正技術者5名を選出

自動補正後、さらに微調整を行うために、1枚1枚を丁寧に手動で補正します。

弊社は、各メーカーの最新機器及び最新技術や最高素材を研究して、ついにその結論を出しました!!
この経験と技術とベテランオペレーターの補正技術を活かし、皆様に「世界一のデジカメプリント写真」と思って頂けるお写真をお届け致します。

自動補正!超高画質デジタル画像処理ソフトウェア「Image IntelligenceTM」!

ImageIntelligenceTMには撮影時の被写体を自動解析し、「状況」、「意図」を判定する「シーン解析アルゴリズム」と、そのシーンに合った補正を加え、最適な画像へと変換する「画像表現アルゴリズム」が組み込まれています。
このため、逆光シーンやハイコントラストシーン、アンダー・オーバーシーンの補正などでも超高画質の仕上がりが得られます。

手動補正!自動補正処理後、さらに1枚・1枚を丁寧に技術者による手動補正!!

弊社では補正能力のすぐれたベテランスタッフが、1枚1枚のお写真を丁寧に補正しながら、心を込めて、プリントいたします。
掲載されているお写真のように、色、濃度、コントラストを補正して、綺麗なお写真に仕上げます。お客様の大切な思い出を綺麗に仕上げる事が、私達の仕事です。デジカメプリントなら是非とも弊社におまかせ下さい。

富士フィルム世界最高水準 高画質プリンター使用

弊社では、デジカメプリントの品質にこだわり、最高の補正技術を持つFUJIのフロンティアを使用しております。
仕上がりの色はどのプリンターにも負けない、鮮やかさとコントラストを兼ね備えており、なおかつデジタル機特有の鮮度を持っているのが特徴です。
さらに、弊社の長年のプリント経験と確かな目で見た、オリジナルの設定を行ってます。
インクジェットと銀塩の違いは皆様もよくご存知だと思いますが、やはり銀塩の色と質感そして何より、変色、劣化しにくいので、いつまでも大切なお写真を、鮮やかに残せます。
世界最高水準の品質は、プリントの白色度が最も美しく、ハイライトからシャドーまで豊かな階調をもつ超高画質プリントを安心して得ることができます。

レーザー露光方式で高画質プリント

FUJIFILMが独自に開発した青と緑の個体レーザーを内蔵した、レーザー露光ユニットを搭載。カラーペーパーへの超高画質なデジタル露光を実現しました。 フレアが極めて少なく抜けの良い画像、純度の高い色再現、なめらかなグラデーション、優れたシャープネスなど数多くの特長を備えています。

フジカラー純正プロ仕上げプリント

きれいな写真を長く保つ為に、フジカラー純正のペーパー「印画紙」・薬品を使用して、品質管理に万全を期しております。
インクジェットと銀塩の違いは皆様もよくご存知だと思いますが、やはり銀塩の色と質感そして何より、変色、劣化しにくいので、いつまでも大切なお写真を、鮮やかに残せます。
FUJIのフロンティア375プリンターと最高のマッチングです。

弊社のお写真は全て、Image IntelligenceTMの自動補正と補正後術者による手動補正をおこないます。


PAGE TOP